浜松工業会 静岡支部

更新情報

静岡支部だより

支部長挨拶
2019年6月
静岡支部長 山内和成 (92MH)







静岡支部長挨拶

 只今、役員改選にてご承認いただき、本年度より2年間支部長を務めさせていただくことになりました、株式会社村上開明堂 山内です。

 この静岡支部が2015年より実行部体制を採用しまして2年任期の3巡目となる5年目が始まろうとしています。つまり各社代表の方々からなる役員全員が3つ目の役割を担おうとしているわけです。各実行部が2年間の経験を積み上げた上で次の実行部へとバトンタッチがされますので、各人が個性を生かしより良い活動へと力を注ぐことができるようになってきていると実感しています。事実、私のような経験の浅い者でも「よしやったろか」と勇気をもってこの役を引き受けることができるわけで、今後、ますます若い方の参画につながればよいなと思っています。

 さて、この先を見通しますと、まず2020年には全学同総会交流会がこの静岡地区で開催されます。すでに実行委員会が発足し理学部同窓会様はじめ各学部の同窓会様との協力関係で準備が始まっております。

 そして2021年には(皆様も新聞等で御承知のとおり)、我らが静岡大学が1法人2大学、つまり大谷キャンパスと浜松キャンパスがわかれ浜松キャンパスにつきましては浜松医科大学と合併するというかつてない大きな変革が行われようとしています。

 そんな中、浜松工業会の中でも静岡を拠点とするこの静岡支部の役割はなんだろうか、浜松医大との協力関係で大きく発展をとげる浜松キャンパスで学ぶ学生をサポートするだけでなく、ここにお集りの多くの方々にとって学びの場であった大谷キャンパスとのつながりにどのような貢献ができるのか、大変難しいテーマでありますがいろいろと悩み、またチャレンジし、次の代へとバトンタッチをしていきたいと思っております。

 どうぞ、皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

過去の静岡支部だより